数理・データサイエンス・AI リテラシーレベルの授業実践

教育プログラム

概要

本学DX推進計画では、小・中規模で多種多面的なAIがあることからも、AIを正しく使いこなすことができるように、全学的に「数理・データサイエンス・AI教育プログラム」を実施します。本教育プログラムでは、AIが従来のツールよりはるかに複雑な動きをするため、その概要を理解し、正しく利用できる素養を身につけ、AIを有効かつ安全に利用できるスキルの醸成を図ります。

特徴

  • 協働学修における学びあいを通じて、分かりやすさが高まる内容を実施

  • 同僚間アンケート調査手法を取り入れて、学修意欲が高まるプログラムを実施

  • 本学で内製したAIを活用することで、習熟度や各学部の専門性を踏まえたプログラムを実施

  • プログラミング(python)教育やSTEAM教育など、習熟度や専⾨性に応じた選択科目も実施

プログラムを構成する授業科目

2021年度 シラバス

全学部で統一的な数理・データサイエンス・AI教育プログラムを必須科目で実施します。また、選択科目では、pythonを使ったプログラミングや機械学習(看護福祉学部、心理科学部、医療技術学部*)、プログラミングをロボット動作で可視化するSTEAM教育(心理科学部)を実施します。

医療技術学部*は必須科目で実施

2021年度 カリキュラムマップ

  • 背景色が灰色の授業科目で「導入」、「基礎」、「心得」を修得する。「※基礎統計学」と「※情報科学」では「選択」も修得できる。

プログラムの授業内容・概要

5つの項目ごとに本教育プログラムの授業内容と概要を紹介します。

プログラムで修得できる能力

本教育プログラムを通して修得できる能力です

  1. 本学で内製したAIの実体験を通して、データやAIを活用した新しいサービスと自らの生活との結びつきについての知識を修得する

  2. 実社会のデータを使った演習を通して、日常生活や社会における課題を解決するためのツールとしてのデータ活用力を修得する

  3. オンラインアプリケーションを使ったグループワークを通して、他者と協力しながらデータやAIを利活用できるコラボレーション力を修得する

  4. セキュリティ事故の実例や学生どうしの実態調査を通して、インターネットを安全に使うことができる能力を修得する

  5. 学生どうしの生きたデータを使った同僚間アンケートを通して、現場で役立つデータ分析力(データを読む、説明する、扱う力)を修得する

特色ある取り組み

オンラインアプリケーションを利用したデジタル空間での「学生どうしの学びあい」を実践しています。実践内容の詳細、ならびに、教育改善効果については、下記の「ICT利用による教育改善研究発表会(2019年度)」の発表会論文にて報告しています。

  • 西牧可織、二瓶裕之、“クラウド活用による同僚間アンケート調査を取り入れた問題発見課題解決型協働学修”、私立大学情報教育協会賞 受賞(20219年度)

【受賞論文】(外部サイトへリンクします)

本学で内製したAI(機械学習)システムを学修・教育の両面で活用しています。

教育の質を向上させるための体制・計画

「DX推進計画・数理・データサイエンス・AI教育プログラムに関わる点検・評価」に関わる自己点検・評価を行っています

本教育プログラムについての学内(教職員・学生)を対象とした質問フォームです(学内専用:本学のアカウント認証がされます)

本教育プログラムの教育改善の方法や効果については、随時、関連する学術会議などで報告します。

北海道医療大学 情報センター・情報推進課

お問い合わせ先:情報推進課 ips(at)hoku-iryo-u.ac.jp